新潟県石仏の会ホームページ

新潟県石仏の会について


平成5年(1993年)4月に発足し、現在の会員数はおよそ150名(県外会員含む)です。
本部事務局のほか、上越・中越・下越・佐渡・新潟市に地区事務局を置き、各地区ごとに年1回ずつの見学会を企画開催しています。
春の総会にも講演会や見学会を併催し、秋には研究発表会の「石仏フォーラム」を実施します。
また部会として道祖神・山岳信仰・地蔵・庚申・写真・拓本の6部会があり、ここでも見学会などを実施しています。
定期刊行物として、季刊会報『すとーん・さーくる』と研究誌『石仏ふぉーらむ』(既刊1~10号)を発行しています。

会員たちが日頃の研究を発表する「石仏フォーラム」

講演会も開催します

No.100  2017年10月15日発行

千手千眼観音(高橋三広作・新潟市不動院)


■石仏散歩・無為信寺の行人塚
■新潟地区見学会報告「大圓寺にみる湯殿山信仰」
■下越・新潟地区探訪会「三国街道 中の道 探訪」

■下越・新潟地区見学会「新潟西堀通りの石仏散歩」
■中越地区見学会「小千谷の石仏と文化財巡見」
■津南町石仏見学会実施報告
■第21回 石仏フォーラムを開催
■刊行記念「佐渡の石仏」展 開催
■事務局だより
 
PDFファイルをダウンロード(約8MB)